In the Woods of Bodies (2016)

A certain person eagers to cut off one’s breast for 2 million yen.
One wants to be born as a woman, another want to be a man.
If there is a person who can be only he or she in the world, one won’t have to suffer.
Of course, people are living by having multiple of self.
That is why one might suffer.
For example, I can’t determine if paying 2 million yen to have an ideal body is one’s best choice to solve one’s suffer, yet.
I thought the way their bodies were was beautiful enough.

 

身体の森で

ある人は、200万円かけてその胸を取りたいという。
またある人は女に生まれたかったというし、別のある人は男になりたいという。
もし、世界にいる人間がその人だけなら、彼らはそんな悩みを持つこともなかっただろう。
人はたくさんの他者の間で生きている。だからこそ悩みを持つ。
例えば200万円払って望む身体になるということが、
悩みを解消するための最善の選択肢なのかどうか、今はまだわからない。
ただ私は、彼らの身体を今のままでも十分に美しいと思った。

 

Search